今をときめく俳優、山崎賢人さんの魅力

今ドラマや映画でも引っ張りだこのご紹介したい俳優さん名は山崎賢人さんです。

 

たっぷりと魅力をお伝えしたいと思います。

 

山崎賢人さんと言えば・・

山崎賢人さんと言えば、実写やりすぎ俳優さんとしても有名で、自虐していたほどでしたが少女漫画に出てくるような王子様というイメージがとても強かったです。

 

顔もカッコイイし背も高いし、注目されているのかなという印象でした。

 

イメージが変わったのは、「トドメの接吻」というテレビドラマを見たことです。

 

ホストの役柄がピッタリでしたが、幼い頃に兄弟を失くしてしまったという暗い過去を抱えている影のあるキャラクターが魅力的でした。

 

その一方で、不気味な女性に追い回されて、キスをされると倒れて過去に戻ってしまうというコミカルな演技もあり、さすが人気の俳優さんという感じでした。

 

お嬢様を手に入れるために奮闘していましたが、結局は本当の愛に気づくというストーリーも素敵でしたし、山崎賢人さんにピッタリのキャラクターだったと思います。

 

演技がとても上手で、作品に入り込んで毎週楽しめました。

 

グッドドクター

そして、その後放送されたグッドドクターでもさらに山崎賢人さんの俳優さんとしての魅力がパワーアップしていました。

 

自閉症スペクトラム障害という難しい病気の役所を演じられていて、今までの王子様やホストなどキラキラしたキャラクターから一変した姿が見れました。

 

病気を抱えながらも純粋な思いを胸に、小児外科医として働くという難しそうな役所でしたが、本当に素晴らしい演技でした。

 

初めは周りから冷たくあしらわれてしまったり、実力はあるのに認められず、意見を言っても耳を傾けてもらえず、辛いシーンが続いて胸が痛かったです。

 

それでも周りの先生達に徐々に認められ始めたり、医者として人を救うことができたり成長していく姿を見事に演じられていたと思います。

 

このドラマが始まりネットでも山崎賢人さんの俳優さん名は話題になっていましたし、世間の皆さんもかなり驚いたと思います。

 

イケメン俳優さんとして見かけばかり目立ってしまっていましたが、ここへ来て実力があることを証明されたと思います。

 

毎週ドラマを涙ながらに楽しめましたし、この病気についても自分で勉強してみたりと心をとても動かされる素晴らしい作品でした。

 

羊と鋼の森

また、映画「羊と鋼の森」でも、ピアノの調律師さんという珍しい職業を見事に演じられていました。

 

お医者さんや調律師さんといった専門的な職業を演じるにはきっと専門用語や実際の仕事の動きなど勉強しなくてはならないことがたくさんあると思うのですが、多忙な中で完璧にさまざまな役を演じ分けられていて才能ある俳優さんなんだなと思います。

 

バラエティー番組では少し天然な一面が垣間見えますが、そこも可愛らしくて魅力的方だと思います。

 

今はまだ24歳なので学園ドラマや若い役所が多いですが、年齢を重ねると共に演じられる役の幅もどんどん広がるでしょうし、期待が高まります。

 

あらゆるキャラクターを演じられると思うので、今後の活躍がとっても楽しみです。