年を経るごとに魅力が増している若手俳優 神木隆之介 

私がおすすめする若手俳優さんは、神木隆之介さんです。

 

彼をおすすめする理由としては、もともと同い年という事もあり見ていて自分も負けていられないなという気持ちにさせてくれていたからです。

 

彼は、子役の頃から活躍しており、映画などでは妖怪大戦争の主人公を演じていました。

 

あどけなさが残る顔と声に反してその演技力は、確かなものを感じていました。

 

子役の時代には、その年齢を活かしたまっすぐで清純な役作りが魅力的です。

 

声優としての活躍

他にも、ジブリのハウルの動く城では、主人公の弟子の魔法使い役を演じており、実際に演じるだけでなく、声優としての新たな扉を開いていました。

 

主人公の木村拓哉さんとのやり取りでは、憶することなくどうどうとした役作りで、宮崎駿作品の一部としてなんの違和感もなく溶け込んでいたのが印象的でした。

 

ご家族で、見ていただくのに最適な作品の一つです。

 

ドラマでの活躍

またドラマでは、探偵学園Qで主演を務めており、同学年の志田未来や山田涼介との共演も私としてはとても楽しく毎週見ていて、平成5年生まれの俳優の層の厚さにほれぼれとしていました。

 

先にも述べた妖怪大戦争の頃に比べ、演技の際の表情のバリエーションが増えており、より魅力が増していて当時は、今後の活躍が期待できるなと感じていました。

 

そんな中、彼が出演しているドラマで私が一番好きなドラマとなっているTBSで放送されたSPECというドラマが放送されました。

 

彼は、主人公の戸田恵梨香さんの弟役として出演しており、最初は実の姉を敵として思い込んでしまい命を狙ってくる、ドラマでも重要な役を担っています。

 

今までは、どちらかというと清純な役や、元気溌剌な役が多かった彼ですが、今回の作品においては非常にシリアスな一面も出しており、ひときわ俳優として磨きがかかっていたように思います。

 

また、この作品ではシリアスな場面だけでなく、おちゃらけた雰囲気や姉を思う優しい弟を演じたりと神木隆之介の良いところをギュギュっと凝縮したような作品なのでおすすめです。

 

ドラマでは、途中で死んでしまうのですが、やはり重要な役として続編のドラマにも出演しています。

 

そこでも演技力に衰えは感じさせずに見ている視聴者を釘付けにさせる力があるように感じました。

 

神木隆之介さんをあまりよく知らないけど興味がある、今後注目していきたいと考えている方にとってもSPECという作品を見れば彼の良さがとても伝わってくるのでぜひご覧いただきたいです。

 

その後も、桐嶋部活やめるってよでは、映画部の学生役(前田)を演じておりどちらかというとフラットな役ではあるが彼の磨かれてきた演技力がところどころに、あまり主張を強くせずに、前田という一学生を形成していっていることが伝わってくる映画である。

 

今では、ドラマ・映画以外にもチョコやスマホのCMなど多岐にわたって活躍している。

 

今後もどのような活躍をしてくれるのか、一人のファンとして温かく見守っていきたい。